船橋について

船橋市(ふなばしし)は、千葉県北西部に位置する都市。中核市に指定されています。千葉市に次いで千葉県では人口第2位であります。また、政令指定都市を除く市では熊本市に次いで人口第2位、都道府県庁所在地も除いた場合では、人口第1位であります。

沿革(概略)

• 海老ヶ作貝塚や高根木戸貝塚など規模の大きな貝塚が発見されていることから、縄文時代からかなり大きな集落が存在していたと考えられている。
• 平安時代中期の『日本三代実録』に「下総の国意富比神」との記述がある。この意富比(おおい)神社が船橋大神宮の前身と見られている。
• 中世には海老川河口の港として交通の要地となり、また意富比神社の門前には市が立って大変な賑わいがあった。
• 近世には房総往還・御成街道・佐倉街道などの主要街道沿いの地域は間の宿として栄えていた。特に、成田山信仰が盛んとなると、成田山への参拝客の休憩地として一層発展していく。
• 近代になると、川端康成の書いた小説に『船橋は兵隊の町』と書かれている通り、間の宿に代わり、軍都習志野の近郊都市として、兵隊・軍属相手の産業が発達する。また、都市部では、東京の近郊都市として近代化が進み、電気・通信・交通・医療などの各方面のインフラが整備され、花輪や宮本などの海岸部には高級別荘地・高級住宅地(例:山崎別荘)を形成する。
• 敗戦直後、戦災を免れた上に物資の集散地だったことから、闇市が隆盛を極め、「日本の上海」という異名をつけられるほどだった。
• 戦時中から東京方面の軍事工場が疎開していたが、戦後の経済成長の中で、海岸部埋立地には京葉工業地域が発展する。 海外旅行で人気のタイ王国。パンガン島(タイ)で遊ぶでは、タイ旅行に行く前に知っておきたい情報が載せられています。行く人も行かない人も、いますぐ行きたくなる情報が満載です。ぜひご覧下さい。